斜視

斜視とは?

通常私たちの目は、左右両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。 しかし、片目は見ようとするものを見ていても、もう片方の目が違う方向を向いてしまっている状態が斜視です。

右目を正常な位置とした場合の斜視の種類

斜視の原因

斜視の原因はいくつかあります。

両眼視の異常

両眼視がうまくできない場合、それぞれの目がばらばらな方向を見るようになり、斜視になります。

目の筋肉や神経の異常

目を動かす筋肉や神経に異常があると、目の位置がずれたり、両目が正しい方向を向かなくなったなりします。

視力低下

けがや病気が原因で片方の目の視力が低下すると、その目が斜視になることがあります。

遠視

目は近くを見るときには、目は内側によります。遠視では強くピントあわせを行わないとはっきりと見えないため、目はかなり内側によってしまい、斜視になる場合があります。

斜視の治療方法

斜視の治療は斜視の状態によって異なります。

原因が遠視の場合に起こる内斜視は眼鏡をかけることで斜視が改善される場合もあります。

原因が遠視以外の場合には目の筋肉を調節する手術を行うことがあります。手術は通常、点眼麻酔で短時間で終わりますが、乳幼児の場合には、全身麻酔で行います。斜視から弱視になっている場合には手術の前や後に弱視の視力増強訓練を行う必要があります。

子どもの斜視をそのままにしておくと、両眼視機能(両目で物を立体的に見る力など)の発達が遅れてしまう恐れがあります。両眼視機能は子供のうちにしか発達しない為、早めに斜視の治療を行う事が大切です。

偽斜視

鼻の低い赤ちゃんで白目の内側の部分が見えない為に、目が内側に寄っているように見える場合があります。顔の成長に伴って鼻の根元も成長する為、次第に目立たなくなっていきます。斜視のように見えても実際は斜視ではないものを偽斜視と言います。