網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは、網膜の静脈が詰まっている状態です。網膜の静脈が詰まると静脈の圧力が上がり、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりします。また、網膜に血液中の水分がたまることで、むくみ(黄斑浮腫)を起こします。50歳以上の年配の方に起きやすい病気で、静脈閉塞が起きた患者さんの80%%は高血圧のある方という報告です。高血圧の他に、血管自体の炎症によって発症したり、糖尿病などの血液の粘性が増す病気がある場合にも発症しやすくなります。

網膜静脈閉塞症は、詰まった静脈の場所により、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症などに分類されます。

網膜中心静脈閉塞症

枝分かれをしている網膜静脈は、視神経乳頭で一本にまとまり、網膜中心静脈となり篩状板という網目のような膜を通過し、眼球の外へでていきます。血圧の急激な変化や血管そのものの炎症によって、静脈の根本が詰まるのが網膜中心静脈閉塞症です。

根元の静脈が詰まる為、網膜全体に影響が及びます。眼底一面に出血や浮腫が広がり、網膜の中心で物を見る為の大事な部分である黄斑にも出血や浮腫が起きる為、視力が障害されます。

網膜静脈分枝閉塞症

静脈が網膜内で枝分かれしている部分(枝の部分)が詰まって発症します。末梢側の血管から、行き場を失った血液があふれ出し、眼底出血や網膜浮腫を引き起こします。

出血している部分は、瞳孔から入ってくる光を網膜で受け取る事ができないため、その部分の視野が遮られます。

症状

網膜の静脈が詰まってしまうため、網膜に出血やむくみ(黄斑浮腫)が起こります。その為、視力が急に下がったり、ものが見えにくくなる、見えない部分があるなどの症状が出ます。特に黄斑部分に出血やむくみができると、かすんで見えにくくなったり、黒っぽく見える部分がでてきます。どこの血管が詰まったかによって、症状の現れ方はさまざまで、視力がほぼ失われてしまうこともあれば、本人は全く気付かない事もあります。

治療方法

静脈閉塞により黄斑浮腫が起きている場合は、視力が低下します。その為、浮腫を取る治療が必要になります。

抗VEGF治療

組織の血液が不足すると、そこに新しい血管を作るのを促す血管内皮増殖因子(VEGF)という物質が作られます。これによりできる新しい血管は脆い為、出血が起こりやすくなります。その為、このVEGFの働きを抑制する抗VEGF薬を眼球に注射することにより、浮腫が改善します。速効性がある治療法になりますが、薬の効果が数カ月で切れてしまうため、定期的に追加投与が必要になることもあります。また、脳梗塞や心筋梗塞の病歴がある方には使用ができません。

レーザー光凝固

レーザー光線を浮腫が起きているところに照射して、むくみを抑えます。光凝固は重症化を防ぐために予防的におこなわれることもあります。網膜の出血や浮腫が強いと効果が弱くなるため、抗VEGF治療と併用して行うことがあります。

ステロイド治療

炎症を抑える作用があるステロイド薬を目に注射して黄斑のむくみを抑えます。

硝子体手術

硝子体は眼球内部の大部分を占める無色透明の組織です。手術でこの硝子体を人工の液体に置き換えると浮腫が改善しやすくなります。視力が大きく低下している場合、この手術によってかなり改善することがあります。他の治療法に比べると浮腫の再発が少ない傾向にあります。手術の安全性は高くなっていますが、効果がない場合もあり、合併症が起きる可能性もゼロではありません。薬物治療法が普及してきたこともあり、以前ほど積極的には行わなくなってきています。