閃輝暗点

閃輝暗点(閃輝性暗点)

突然視野の中に稲妻のようなギザギザの光の波が現れ、徐々に四方に広がり、その場所が暗くはっきり見えなくなる現象が閃輝暗点です。 一般的には10 ~ 20 分で解消される事が多く、大抵その後に片頭痛が起こります。 片頭痛の症状はまちまちで、頭が重い程度から吐き気・嘔吐を伴う場合もあります。多くの方は1日以内に治まりますが、中には2日位続く事もあります。
英語名は片頭痛オーラを意味する「Migraine aura」。 芥川龍之介も閃輝暗点に悩まされていたようで、彼の作品「歯車」は、「たえず 回転する半透明の歯車」など、閃輝暗点を思わせる描写が出てくることで有名で す。

閃輝暗点の見え方例

発生のメカニズム

セロトニンという物質には血管の拡張を防ぐ作用があります。何らかの理由で血中にこのセロトニンが多量に放出されると、脳の血管が収縮して血流量が低下します。これにより大脳皮質の機能低下を招き、閃輝暗点の症状が起きると考えられています。
その後、セロトニンが減少すると、血管が拡張しますが、これが血管周囲にある三叉神経を刺激し、頭痛がおこると考えられています。
閃輝暗点の発症の誘因としては、ストレスや寝不足の他に、血管を収縮させる作用のある喫煙、コーヒーやアルコールなどが挙げられます。

治療

閃輝暗点そのものを治療する薬はなく、片頭痛の予防薬として塩酸ロメリジン、片頭痛時に頓服で服用するイミグランなどがあります。