医院紹介

院長のご挨拶

高層ビルが林立する新しい街並み・歴史ある人情厚い商店街。小杉眼科は、そんな武蔵小杉の、ちょうど「・」の部分に位置しています。
街の成長と共に少しずつ変化し、地域の皆様のニーズにお応え出来ますよう日々努力してまいりました。熟練した技術は最新の機器に反映され、ごく初期の病変も発見することが可能です。飾らない言葉で丁寧に説明することを心掛けております。
明るい笑顔のスタッフ共々、皆様をお待ちしております。

小杉眼科 院長 秦 エミ[眼科専門医]

診療内容

一般眼科 花粉症 白内障 緑内障
結膜炎 ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)
アレルギー性疾患 ドライアイ 疲れ目・まぶたの痙攣
眼底疾患全般 視神経乳頭陥凹拡大
小児眼科 斜視・弱視
眼鏡 コンタクトレンズ オルソケラトロジー

医師

院長 秦 エミ
副院長 林 康司
医師 家久 一光

診察時間

日・祝
10:00~13:00
14:00~19:00
※日曜日と祝日は休診です。   △ 10:00~14:00

院内のご案内

当医院は、お子様連れの方やお体の不自由な方でも安心してご来院いただけるよう、ゆったりとしたスペースを確保。
院内各所には空気清浄機を、待合室には大きな光触媒効果のある植栽も設置し清潔な医院づくりに努めております。

■ベビーカー・車椅子でも安心の広い待合室。
■院内各所への空気清浄機の設置。光触媒植栽の設置。

小児眼科について

小さなお子様は、自分で正確な症状を訴える事ができません、

眼を細めて見る、顔を傾けてみる、片眼をつぶって見る、左右どちらかに顔を振って見る、上目づかいで見る

などがあった場合は、斜視や視力障害がある可能性があります。眼の障害は外見で分かりにくいため、見過ごされやすくなっています。個人差はありますが、3歳位になるとある程度の検査が出来るようになります。3歳になったら、お子様の眼の状態を知るために、一度眼科でしっかりとした検査を受けましょう。
当院では、視能訓練士(国家資格を持った専門スタッフ)が親切、丁寧に対応致します、どうぞお気軽にご相談下さい。

視能訓練士ついて
近視、遠視、乱視などの屈折異常。眼鏡などの矯正を行っても視力が出にくい弱視。放置すると視力や両眼視機能が侵される斜視などの検査、治療や管理を得意としております。
当院の視能訓練士外来は予約制となっております。

毎週金曜日 午後2時〜6時半