中心性漿液性網脈絡膜症について

kosugi_adminコラム0 Comments

中心性漿液性網脈絡膜症とは

30~40代の人に多く、網膜の中心部分である黄斑部が腫れてしまい、軽度の視力低下、視野の中心だけが暗く見える、物がゆがんで見えたり、小さく見えたりします。

中心性漿液性網脈絡膜症の原因

網膜の外側には、脈絡膜と呼ばれる血管の豊富な組織があります。
網膜と脈絡膜の接点には網膜色素上皮層と呼ばれる組織があり、通常はこの層が脈絡膜からの水漏れを防いでいます。
しかし、なんらかの影響でこの層に水漏れが起こり、脈絡膜の血漿成分が網膜の裏側に入り込んで、物を見る上で最も大切な黄斑部にたまって、水ぶくれのような腫れを生じます。つまり、局所的な網膜剥離が起きるのです。この原因はわかっていませんが、肉体的・精神的ストレスが誘因になると考えられています。
網膜中心部分で剥離が起きると、正常な像を結べなくなり、視力に障害がでるのです。

中心性漿液性網脈絡膜症の診断

診断では、眼底に剥離が見られないか、眼底検査を行います。もし、剥離が見られたら蛍光眼底造影を行います。静脈から蛍光色素の造影剤を入れて眼底カメラで撮影すると、眼底の血管内に循環してきたときに、中心性網膜症の人は、蛍光色素の漏 れるところがあります。そこが剥離の原因となる網膜色素上皮の傷んでいる場所です。

中心暗点


網膜の中心部分である黄斑部の機能低下で、視野の中心がまわりより暗く感じらる場合があります。

視力低下


網膜剥離のため、視力に少し影響が出る場合があります。

色覚異常


実際の色と違って見えることがあります。

変視症


黄斑部がはれるので、物がゆがんで見える場合があります。

中心性漿液性網脈絡膜症の治療

この病気は、ほうっておいても自然になおることもありますが、再発しやすくなり、また、黄斑部の腫れを
長いこと放置しておくと、視力が元にもどらない事もあるので、きちんと治療を受けたほうが良いでしょう。

薬物治療
・血管強化剤: むくみをひかせます。
・血管拡張剤: 網膜の機能を回復させます。
・ビタミン剤: 網膜に栄養を与えます。

光凝固術
網膜色素上皮の障害部位が、黄斑部の中心部分から離れている場合は、レーザーによる光凝固術を行います。
レーザー光凝固術は、脈絡膜からの漏出点にレーザーを照射し、細胞を凝固させます。こうすることにより、凝固された細胞を修復しようと活動が活発化し、結果バリア機能が再構築されます。この後、漏出した液の吸収が始まり、数週間後には自覚症状が改善されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です