網膜剥離について

kosugi_adminコラム0 Comments

網膜剥離とは

網膜剥離とは、眼底にある光を感じる部分である網膜が剥がれる病気です。網膜が剥がれても、痛みはありませんが、光や色を感じる働きがなくなり、視力に障害が起きます。そのまま放置すれば、ほぼ失明に至ります。

網膜剥離の原因

網膜剥離ができる原因は、目の老化によるものや、強度の近視、目の打撲など様々です。もっとも多いのは網膜に裂孔が生じ、その孔から硝子体の水分が入り込んで、網膜がはがれてしまう裂孔原性網膜剥離です。

網膜剥離の症状

網膜剥離の初期には、目の前を黒いものがちらつく「飛蚊症」が起きることがあります。飛蚊症には加齢によって起こる生理的飛蚊症というものがあります。
大部分の方はこれにあてはまり、生理的なものなので心配ありませんが、急に黒い点が増えたり、視力が落ちたときには網膜剥離や出血の可能性があるので、眼科で検査を受けて下さい。
この他には、目を閉じたときに視野の端がぴかぴか光ってみえる「光視症」が起こることもあります。

網膜剥離がおきると、その部分は光を感じることができないため、視野の一部が欠けて見えたり、見ているものの一部が見えないなどの視野欠損や視野狭窄が起こります。剥離が進行し、目の中心部分にある物を見るのに重要な働きをする黄斑部にまで及ぶと、物が歪んで見えたり、はっきり見えないといった視力の低下を起こします。網膜剥離初期でも、剥離が黄斑部付近から起きれば、このような視力の低下が自覚症状として現れます。

網膜剥離の治療

網膜剥離は薬では治療できませんので、手術で網膜の裂孔を塞ぎ、剥がれた網膜を元に戻す必要があります。

裂孔だけで剥離していない場合

裂孔の周囲組織に人為的な傷を作ります。その傷は治癒の過程で瘢痕となり、感覚網膜と色素上皮を癒着させます。これにより、裂孔から網膜下へ水分が流れ込む危険性が減ります。
瘢痕をつくるには色々な方法がありますが、その一つとして瞳孔からレーザー光を照射する光凝固が行われます。これは外来でも可能ですが、大きく網膜剥離も起きている場合には、硝子体手術や網膜復位術を行わなければならず、入院治療が必要となります。この他には冷凍凝固・熱凝固という方法があります。

剥離を起こしている場合
眼球の外から治療するバックリングとよばれる方法と硝子体中に出血がある場合や裂孔がとても大きいかったり深いところにある場合に使われる硝子体手術などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です