白内障について

kosugi_adminコラム0 Comments

白内障とは

目の中には、水晶体と呼ばれる弾力性のある透明なレンズがあります。私達は、この水晶体でピントをあわせ、物を見ています。
しかし、水晶体が混濁し、ものが見えずらくなってしまうことがあります。これが白内障です。

白内障の見え方

(左)通常の見え方 (右)白内障の見え方

白内障の原因

白内障の原因は、さまざまです。若いうちは、外傷(眼の怪我)などで水晶体に傷がついた場合や、アトピー性皮膚炎、栄養失調。中年では新陳代謝が阻害される肝臓病,糖尿病などの全身的な病気などが白内障の原因となりますが、白内障で一番多いのは加齢に伴う加齢性白内障です。
老人性白内障の進行は、人によって、白髪の量やでる時期が異なるように人さまざまですが、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が現れます。

治療方法

白内障の初期には点眼薬や内服薬を使用します。しかし、薬の効果は、白内障の進行を遅らせる程度の効果しかなく、視力障害を起こすほど進行した白内障を治すことはできません。
白内障を治すことのできる薬は現在のところ存在せず、白内障が進行した場合には、手術による治療しかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です