子供の将来に最良の眼鏡レンズを|ZEISSマイオキッズレンズ

ZEISSマイオキッズレンズのご紹介

ZEISS マイオキッズレンズとは

ZEISS マイオキッズレンズは成長期の近視のお子様の眼とライフスタイルに合わせて設計された眼鏡レンズです。(旧MCレンズですが現在は販売されておりません)
現代の子供たちのライフスタイルでは、より近い距離でものを見る時間が長く、かつ重要になっています。眼精疲労を起こしやすいデジタル機器を長時間、非常に近い距離で見続けることも多くなっています。
子供たちのライフスタイルとひとりひとりの眼と姿勢に合ったビジョンケアの重要性がますます高まっています。
マイオキッズのデザインは、近見作業の際に調節ラグ(※1)を最適にコントロールし、同時にすべての距離で、クリアで快適な視界を提供します。従来の累進屈折力レンズに比べて、潜在的な近視進行の軽減に作用する調節ラグを最大で30%抑えることができるというデータもあります。

※1 調節ラグとは
近距離を見ようとするほど調節反応が鈍り、次第に焦点が網膜の後方へずれていくことをいいます。

マイオキッズの特徴

子供の学習と経験の大部分は目を通して行われます。 幼い子供の視覚系が最適に機能していない場合、子供の発育に負の影響を与える恐れがあります。
近視の方の目が一般的な単焦点レンズで近くの物体を見ようとすると、きちんと焦点を合わせきらずに物体を見ようとすることがあります。その結果物体の像はきちんと網膜上に結像せず、網膜の後方に焦点を結び、それが目の奥行きが伸びるシグナルとなります。目の奥行きが伸びることにより、より近視がすすむことになります。そのため、近視の子供の目には近視の子供のためのメガネレンズを選ぶことが重要になります。
マイオキッズレンズは、目の解剖学的特長や現代の子供たちのライフスタイルに合わせた特別な設計となっています。近くがはっきりと見える設計はスマートフォンやタブレット端末といった近年のデジタル機器使用時の眼精疲労も少なくします。

メガネレンズの上半分は遠くがクリアに見えるように設計されています。
メガネレンズの下部にあるアクティブゾーンは、近距離作業時の見え方をサポートします。
詳しくはツァイスのマイオキッズ専用ページをご参照ください