小児眼科について

小さなお子様は、自分で正確な症状を訴える事ができません、

眼を細めて見る
顔を傾けてみる
片眼をつぶって見る
左右どちらかに顔を振って見る
上目づかいで見る


などがあった場合は、斜視や視力障害がある可能性があります。眼の障害は外見で分かりにくいため、見過ごされやすくなっています。個人差はありますが、3歳位になるとある程度の検査が出来るようになります。3歳になったら、お子様の眼の状態を知るために、一度眼科でしっかりとした検査を受けましょう。
当院では、視能訓練士(国家資格を持った専門スタッフ)が親切、丁寧に対応致します、どうぞお気軽にご相談下さい。

視能訓練士ついて

近視、遠視、乱視などの屈折異常。眼鏡などの矯正を行っても視力が出にくい弱視。放置すると視力や両眼視機能が侵される斜視などの検査、治療や管理を得意としております。
当院の視能訓練士外来は予約制となっております。

第一、三金曜日  午後3時~6時半

044-455-5296
〒211-0063 川崎市中原区小杉町3-441 伊達ビル4F
東急武蔵小杉駅南口より徒歩1分