糖尿病網膜症について

kosugi_adminコラム0 Comments

糖尿病網膜症とは

糖尿病では、様々な合併症が起こりますが、その中でも最も怖い3大合併症の一つとして糖尿病網膜症があげられています。
糖尿病では、高血糖の状態にあるため血管に負担がかかり、血液の流れが悪くなってきます。網膜には細い血管が全体に張り巡らされているので、特に高血糖の影響が出やすいのです。こうして起こる病気が糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症の原因

糖尿病になると、高血糖状態が続く為に血管に負担がかかります。目には細い血管が縦横に走っているので、特にその影響を受けやすく、血液の流れが滞ったりします。そうなると網膜の隅々まで栄養や酸素を十分に送れなくなってしまいます。
糖尿病網膜症には何段階かの過程がありますが、悪化すると、血管が詰まって、網膜の一部に血液が流れていない虚血の状態になったり、さらに虚血部分に栄養や酸素を送り込むために、新生血管が生じたりします。この血管は非常にもろいため、血管が破れて網膜の表面や眼球内に出血が広がると、視力に大きな影響を及ぼします。

単純網膜症
糖尿病で血管に障害がおきると、点状出血をおこしたり、普段は漏れ出さない血管内の成分が網膜に沈着して白斑という白い濁りができたりします。しかし、この状態では自覚症状はほとんどありません。

前増殖網膜症
さらに点状出血や白斑が増えます。その他に、網膜の細小血管が拡張したり、血流が途絶えたりします。危険な増殖網膜症の前段階なので前増殖網膜症と呼ばれますが、この状態でも明確な自覚症状はありません。

増殖網膜症
最終段階です。網膜の酸素不足を補うために新生血管ができます。この血管は非常にもろく、出血をし、硝子体へ広がっていくので、硝子体出血や黒いものがちらつく飛蚊症がおきます。また、網膜剥離を起こす危険性もあります。

糖尿病網膜症の治療

血糖コントロール
初期の状態であれば、食事や運動、薬物を用いた療法による血糖コントロールを行い、血糖値を安定した状態に保つようにします。

レーザー光凝固
虚血部分にレーザーを照射して凝固させます。これにより必要酸素量が減少するので、新生血管の発生を予防することが出来ます。

硝子体手術
硝子体での出血が激しい場合や、網膜の表面に増殖膜ができたときに行います。吸引カッターで出血を吸い取ったり、 特殊なカッターで増殖膜を切除したりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です