花粉症について

kosugi_adminコラム0 Comments

花粉症とは

花粉症とはスギやヒノキなどの植物の花粉が原因となってアレルギー症状を起こす病気です。日本人の約4人に1人が花粉症にかかっているといわれ、今や国民病といわれています。

主な症状
① くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状
② 目のかゆみ、充血、めやに、まぶたの腫れ、涙目、異物感などの結膜炎症状
③ 体がだるい、集中力の低下、倦怠感などの全身症状を伴うこともあります。

花粉症は季節性アレルギーの一種で、原因となる花粉が飛散する時期にだけ発症します。
日本ではスギ花粉症がよく認知されていますが、スギ以外にもヒノキ・シラカバ・イネ科のカモガヤやキク科のブタクサ、ヨモギなども花粉症の原因となります。
一方、通年性アレルギーはアレルゲン(原因物質)が1年中あるもので、主なアレルゲンとしてはハウスダスト、ダニ、ペットの毛などがあり、症状も1年中あります。
近年、通年性アレルギーと花粉症の両方にかかる場合や多くの花粉にアレルギーを持つ場合が増えており、長期間にわたり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみ、充血、めやになどに苦しまれる方も少なくありません。

花粉症が発症するメカニズム

外部からの抗原と自分を守ろうとする抗体が結合(反応)して、抗原の動きを止め、無毒化する免疫機能の反応を抗原抗体反応といいます。
では、花粉症の場合はどうでしょうか。

① 花粉が体内に侵入するとそれを受け入れるか、敵と認識するかを考えます。敵と認識すると抗体(IgE抗体)が作られます
② 抗体ができた後に、再び花粉が体内に侵入すると鼻粘膜や目の結膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。
③ 肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が放出され、花粉を体の外に排出しようとします。

その結果、花粉をくしゃみで外に吹き飛ばそうとしたり、鼻水や涙で洗い流そうとしたりします。
花粉症は体内に侵入した花粉を敵と認めてしまう過剰な反応(アレルギー反応)なのです。

花粉症(アレルギー)が発症するまで


体のなかに異物(花粉等)が入ってくる。


異物と認識されると、抗原に対抗するため、抗体(IgE/免疫グロブリンE)が作られる。体内の肥満細胞表面には、IgE受容体があり、 IgEはそこに結合する。
※産生されるIgEの量が、ある一定量を越えるとアレルギー反応を起こすと考えられています。


肥満細胞表面に結合したIgEに抗原が結合すると、細胞が活性化され、細胞の中に含まれているヒスタミン等の化学伝達物質が放出される。


ヒスタミン等の化学伝達物質により、脳へ情報が伝わると、かゆみ、鼻水、くしゃみ等のアレルギー症状を起こす。

花粉の飛散時期

関東地方では、2月から4月はスギ花粉、少し遅れて4月から5月はヒノキ花粉、6月から8月はカモガヤなどのイネ科花粉、8月から10月はブタクサやヨモギなどのキク科の花粉が主として飛散します。日本は南北に細長い地形のために、地域により花粉の種類や飛散時期が異なります。(例えば、スギは北海道と沖縄にはほぼ存在しないため、スギ花粉症はほとんどありません。そのかわり、北海道はシラカバの花粉症が多くみられます)先に述べたようにスギとヒノキの花粉は飛散時期がほぼ一緒ですが、通常ヒノキ花粉の方が1か月程度遅れて飛びはじめます。スギとヒノキの花粉は形もよく似ていますので、スギに反応する人はヒノキにも反応しやすく、スギ花粉症の方の約7割がヒノキ花粉にも反応するといわれています。関東地方では、スギ花粉の飛散はゴールデンウイーク頃には終息し、症状が治まりますが、ヒノキ花粉にも反応する方はゴールデンウイーク明けも症状が続くことになります。

花粉情報のチェックを

テレビやインターネットで花粉情報を入手しましょう。
花粉飛散の要注意日は以下のものがいわれています。

① 風が強く、晴れた日
② 最高気温が高い日
③ 湿度が低い日
④ 雨の日の翌日

花粉の飛散の多い日の外出はなるべく控えましょう

花粉の最新情報はこちら
環境省花粉観測システム
花粉情報 – 日本気象協会 

スギ花粉症の治療法

花粉症の場合、一般的に症状が重くなると薬が効きにくくなります。一般的に病気の治療は症状が出てから行いますが、花粉症の場合には症状が出る前からの治療が認められています。それが近年広まりつつある「初期療法」です。花粉症であることがわかっている患者さんに花粉が飛び始める1~2週間前からお薬の服用を開始する治療です。「初期療法」により花粉症にならないわけではありませんが、以下のようなメリットがあります。

① 症状の出現を遅らせたり、症状の終了を早めることができます
② 飛散のピーク時の症状を軽減できます
③ 使用する薬の量や回数を少なくできます

なお、「初期療法」により症状が軽くなってもシーズン途中で薬をやめてしまうと症状がひどくなることがあるので、シーズン中は治療を続けることが大事です。

花粉症(アレルギー性結膜炎)の治療に使う点眼薬

アレルギーの症状のもとになる、ヒスタミンを抑えるため、抗アレルギー点眼薬を用います。症状のでる約2週間前から使用すると効果的です。症状が重い場合は、ステロイド点眼薬を併用することもあります。
 

(1) 抗アレルギー剤
 
① メディエーター遊離抑制薬
肥満細胞に働き、ヒスタミン等の化学伝達物質の遊離を抑制します。即効性はあまりありません。(インタール・アレギザール・リザベンなど)
 
② ヒスタミンH1-拮抗薬
ヒスタミンとH1受容体の結合を阻害し、結合によっておこるかゆみ等の作用を抑制する、抗ヒスタミン作用をもっています。即効性が期待できます。(サジデン・リポスチン・アレジオン・パタノールなど)
 
③ ロイコトリエン拮抗薬
ロイコトリエン(化学伝達物質のひとつ)の遊離を抑制します。(ゼペリン・アイビナールなど)
 
(2) ステロイド点眼薬
ステロイドは強い抗炎症作用をもち、症状の重い場合に用いられます。副作用として眼圧の上昇などがあるので、専門医より慎重に処方されます。使用時には定期的な検査、診療を受ける必要があります。(フルメトロン・リンデロンなど)

 
以上のように花粉症の点眼薬にはいろいろな種類があります。例年の症状の出方や治療の希望や現時点での症状を配慮して、薬を選択します。お医者さんに症状をしっかりと伝え、自分に合った点眼薬を見つけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です