オルソケラトロジーについて

kosugi_adminコラム0 Comments

オルソケラトロジーとは

毎日就寝時に専用コンタクトレンズを装用し、角膜の形状を変化させることで近視や乱 視を矯正します。そのため、日中は裸眼で生活することができます。 これがオルソケラトロジー治療の特性です。 レーシックのように角膜を削ったりしないため、専用コンタクトレンズの装用を中止すれば、元に戻すこともで きる可逆的な視力矯正方法です。

安心のオルソケラトロジー定額制プランのご案内はこちら

オルソケラトロジーコンタクトレンズの近視抑制効果

オルソケラトロジーコンタクトレンズの近視抑制効果についてさまざまな研究が国内外で行われ、近視がすすみにくくなるのではないかというデータがいくつかの文献によって発表されております。
近視眼に対して通常の単焦点眼鏡で矯正を行いますと、周辺部の遠視性デフォーカス(焦点ぼけ)を生じてしまいますが(図左下)、オルソケラトロジー後は周辺部角膜が肥厚、スティープ化するため周辺での屈折力が増し、その結果、周辺網膜像での遠視性デフォーカスが改善するという仮説が提唱されています(図下)。

オルソケラトロジーコンタクトレンズの費用

現金一括払いのプログラムはこちら

使用レンズ:オルソ-K(アルファコーポレーション)
治療費:両眼で168,800円(税込)

◎内訳(1年間の所定検査料金)
・両眼のレンズ代
・初回スターターセット(レンズケア用品一式)
以上が含まれております


月額定額制プログラム導入のお知らせ

患者様には、少ない費用のご負担でお気軽にオルソ治療をスタートして頂けるよう、月額定額制プログラムを当院ではこの度、導入致しました。
※近視進行抑制のための目薬(マイオピン)と併用することも可能です。目薬代は別途必要です。詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。
※レンズのケア用品については別途費用がかかります。

定額制プログラムの3つのメリット

① 少ない費用のご負担で、お気軽にオルソ治療のスタートが可能となります。

現在、当院でオルソ治療を受けられている患者様のほとんどが、快適な視力を保ったままトラブルも無く1~2年以上継続されています。 ただ、「高額な治療費を払ってうまくいかなかったらどうしよう」というご不安から、オルソ治療に踏み切れない患者様も中にはいらっしゃいます。 そこで、少ない費用のご負担でお気軽にオルソ治療をスタートきる環境をご提供するため、この度月額定額制プランを導入することとなりました。

②追加費用なしで1年ごとに新しいレンズに交換できます。

オルソレンズは時間の経過とともに矯正効果が変化したり、汚れが付着する場合もあります。 月額定額制プランでは年に1度レンズの交換を追加費用なしで行うことが可能です。それにより常に「最適できれいなレンズ」をお使い頂くことが可能となります。

③ 手厚い保証サービスをご利用になれます。

レンズの破損や汚れによる交換は無料、度数変更などのための交換も無料で承ります。
紛失の際にも少ないご負担で新しいレンズをご提供します。

安心のオルソケラトロジー定額制プランのご案内はこちら

検査のスケジュール

  1. 適応検査
  2. レンズ受け渡し
  3. 翌日検査
  4. 一週間後検査
  5. 一か月後検査
  6. 三か月後検査
  7. 六か月後検査
  8. 九か月後検査
  9. 十二か月後検査

◎適応検査

視力や角膜形状解析を行い、患者様ひとりひとりに合ったオルソケラトロジーレンズの選択を行います。
実際にレンズを装用していただいてフィッティングチェックを行います。
コンタクトレンズを初めて使用される患者様も多いので、初めての方にはしっかりと装着・脱着の練習を指導させていただいております。
目の乱視の強さや、角膜形状が特殊な患者様にはオルソケラトロジーの効果が期待出来ない場合もございますので、適応検査をしっかりと行うことによって適応可否を判断いたします。実際に装用される患者様はもちろんご家族の方にもしっかりと納得していただける様に医師と検査員が責任持って対応させていただききます。

オルソケラトロジーQ&A

オルソケラトロジーとは?

通常のコンタクトレンズとは違い、特殊なハードコンタクトレンズで角膜を変形させ、一時的に近視の屈折矯正を行う方法です。
通常のコンタクトレンズは昼間に装用しますが、オルソケラトロジーでは、寝ている間にレンズを装用し、朝起きた時にレンズを外します。就寝中に角膜の形状が変化し、レンズを外した後にも視力が矯正された状態が続きます。

どのくらい効果が持続しますか?

一晩装着した場合の視力矯正効果は、通常、開始直後は半日程度ですが、一週間ほど続けるとほぼ1日視力が維持できるようになります。

寝ているときにレンズをつけても大丈夫ですか?

オルソケラトロジーのレンズは高酸素透過性レンズ素材で作られており、就寝時の装用に関して、厚生労働省から認可を受けています。

誰にでも効果があるの?

オルソケラトロジーによる矯正の適応は基本的には近視の方で、遠視の方は適応外です。近視の方であっても角膜のカーブや近視の程度によっては適応外となることもあります。

毎日装用するの?

基本的には毎晩の装用になりますが、近視の程度や年齢などによっては装用の頻度や時間が異なる場合があります。

レーシックとの違いは?

大きな違いは手術ではないという点です。レーシックのように角膜を削るという事ではありませんので、レンズの装用を中止した場合は元に戻ります。レーシックは元に戻りません。

オルソケラトロジーのメリットは?

夜にコンタクトレンズを装用するので、日中は裸眼で生活が出来ます。また、見え方に不満などあれば装用を中止して、元に戻すことが出来ます。

オルソケラトロジーのデメリットは?

装用開始直後は視力が安定しない場合があります。、また、近視や乱視の程度によっては矯正が不十分になることもあります。時に夕方から夜にかけて朝よりも見え方が悪くなることがあります。

定期検査が必要ですか?

眼科の指定した日程での、定期検査が必要となります。
翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後毎の日程です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です